中央区
全区活動を担う「地区活動部」のご紹介
衣・食・住・健康問題をはじめとした消費生活全般において、消費者力を高めるための講座・見学会などの企画・折衝・運営を行っています。
会員有志によるボランティアですが、地区活動部の活動を一緒にしてみたい方は、協会組織課にお申し出ください。

その活動内容をご紹介いたします。
    次の5件>>
豊平区月寒公民館で「魚料理講習会」を開催しました。    2018-10-5
この秋は、道産の魚介類でもっと元気にと、旬の魚を使った魚料理講習会を行いました。
もっと魚の色々を知って、食卓を豊かに、そしてご家族の健康につながる魚料理のレパートリーを豊富にするのが目的。

また、身近な食材を用いながら、魚は骨も皮もスープとして使い、極力食品ロスを出さない工夫の仕方についても学びました。

講師は札幌ポトフの会専任講師の中村和子氏と助手の中鉢陽子氏。また、この講習会は札幌市中央卸売市場水産協議会との共催で実施しています。

最初に、中村講師から北海道産の魚介類を大いに活用する意味でも、鮭の健康効果や魚介類の秘めた栄養成分などの知っておくべき知識面について話がありました。

今回のメニューは―鮭のネギソースあんかけ ▲織海離ルパッチョ風梅ソース 鮭のポタージュ の三品です。

講師の指導に従って、班に分かれて早速調理に入り、それぞれ彩が良く食が進みそうな料理が出来上がっていきます。

参加者からは、「思ったよりも簡単にでき、しかも本当においしく、家でも早速家族に作ってあげたい」「魚の骨と皮を利用したスープは、コクや旨味が出ていて美味しかった」「鮭のポタージュは初めて知り、習いに来ました」「すべてに刺激物は使われていなく、高齢者にも喜ばれそう」「他の地域でもこのような講習会を開いてほしい」など、様々な声を頂きました。

「トラブルに遭わないために〜 今話題の仮想通貨を知る」講座を開催しました。    2018-9-21
最近増えてきている仮想通貨に関するトラブルの要因は、消費者が「仮想通貨とは何か」を十分理解しないまま勧誘業者の話を、うのみにして契約した場合が殆ど。
「理解できないものには決して手を出さない」ことがトラブルを生まないための大原則です。

講座では以下の内容を共に確認しました。
・増える仮想通貨勧誘トラブル
・トラブルの要因は?
・「仮想通貨」とは、いったい何?
・何故、これだけ注目されるようになったのか?
・「法定通貨」と「仮想通貨」の違いは?
・「法定通貨」と「仮想通貨」の決定的な違い
・仮想通貨を支える仕組み「ブロックチェーン」とは?
・仮想通貨の現在の用途は?
・仮想通貨のリスクを押さえておこう
・「仮想通貨」のまとめ

その後参加者からの質問に30分の時間を取りましたが、たくさんの方からの質問があり、より理解が深まったのではないかと思います。

参加者からは
・知らないことが多かったが、幅広く知ることが出来て良かった。
・札幌のお店で、仮想通貨を使用できること知り驚いた。
・イメージがある程度理解できた。
・とても参考になった。
・今までテレビでしか話を聞くことがなかったので理解できなかったが、直接話が聞けて良かった。だんだんと更に難しい。
・質問を通しての解説があったので、更に具体的に聞けて良かった。
との声を頂きました。

北区民センターホールで「やさしいヨガとリンパマッサージ」講座を開催しました。    2018-9-14
(北区民センターとの共催)
時あたかも北海道胆振東部地震の余震が続き、ストレスの多い中、リンパ の流れを良くして、心も体もスッキリ して頂こうと「やさしいヨガとリンパマッサージ」講座を開催しました。

会場には80名を超える近くの市民が参加しました。講師は日本ヨガ研修道場認定講師の酒井雅子氏。リンパマッサージは、リンパの流れを良くし免疫力を高め、デトックス効果があります。デトックスとは体内浄化・解毒のことです。

現代の食生活では、体に不要な有害物質を取り入れずに暮らすことは困難なほど、さまざまな飲食物に含まれているのが実状です。これらの有害物質は、体内に蓄積すると体の不調をきたす一因となります。

またヨガは副交感神経が高まり、リラックスに繋がるほぐし癒し効果があり、ストレスの軽減に効果があるとされています。

当日は、体の各部分のリンパマッサージと、ヨガでは三角のポーズ・戦士のポーズ・猫のポーズなど様々なヨガポーズを取ることで、どのような効果が期待できるのかを、講師のユーモアに富んだ説明・指導に対し、参加者はそれぞれに納得しながら、体験をしました。

参加者からは「頭から足先まで、全身スッキリし、参加して良かった」「足のマッサージで軽くなり、加えてサギのポーズで足が長くなり驚いた」「姿勢が良くなり体が軽くなったような気分がする」など、体の柔軟性・バランス感覚の向上を実感されたようです。

牛乳・乳製品料理講習会を開催しました。    2018-8-2
夏バテ防止にも役立つ「牛乳・乳製品料理講習会」を開催しました。
最初に協力企業の、よつ葉乳業(株)小野智美氏から「猛暑が続く中、食欲不振になりがちだが、乳製品には良質なタンパク質やカルシウムが多いので、栄養補給には最適。夏バテしないためにも積極的に料理に取り入れ、ご家族の健康管理にも役立てて欲しい」との挨拶がありました。

また札幌ポトフの会専任講師の中村和子氏から、最近多くなっている自然災害に備え、家庭で備蓄して置いたら良い食品や量についての説明があり、特にロングライフ牛乳は常温で保存できるので便利であること等の説明のあと実践に移りました。今回学んだメニューは次の三品で、それぞれ夏場に喜ばれそうな料理です。

【チーズタッカルビ】 
 チーズはタンパク質・カルシウムが多く、筋肉を作り骨粗しょう症の予防にもなる。辛味は食欲増進さようがある。
【冷製トマトのポタージュ】
 今時期のトマトは旬で完熟のものが多い。抗酸化作用がある。
【ヨーグルトのアイスムース】
 ヨーグルトは腸内環境を整え、免疫力を高めるのでがん予防にもつながる。オリゴ糖と一緒に摂ると更に良い。ストレスや加齢、また体温の低下による風邪をひきやすい体質の人などに効果的。

それぞれのグループとも、順調に出来上がり、いろどりも良く並べられた料理を前に、早速試食に入りました。参加者からは「チーズタッカルビの程よい辛味が、暑い夏のスタミナ食としてぴったりで、味も良い」「トマトスープは冷製なので、食欲が無くても飲みやすく、栄養がたっぷりなので、帰ったら早速作ってみたい」「ヨーグルトのアイスムースは、ブルーベリーの色もきれいで簡単だった」など、大変好評でした。

西区民センターで「古布・古ネクタイで手作り講習会」を行いました。    2018-7-26
近年、古くなった衣類を繕って長く利用するよりは、安くて新しものを手に入れた方が楽という傾向があり、衣類を意外と簡単に捨てるということを聞きます。
しかし、札幌市内で古着はサイバーリサイクルなどに回せば、有効再利用ができるシステムもあり、また古着などを自分で他のものに作り替えて楽しむ方法もあります。
今回は後者の目的を趣旨とした「古布・古ネクタイで手作り講習会」を開催しました。

MRM講師の小野光江氏から、古着の再利用・リサイクルに関する最新の情報を紹介して頂くと共に、この講座で作る古布で作る「手作り首飾り」について、その手順や材料について説明があり、参加者はさっそく作業に入りました。

使う布の場所によっても、出来上がった作品の表情が変わるため、大変楽しく作業をすすめ、時間内には全員完成させることが出来ました。参加者からは「古布を見てその完成形を予想していたが、実際の完成品は大変見栄えが良く嬉しい」「自分が考えていたよりは時間がかかったが、素晴らしい出来栄えの完成品を身に着けて換えることが出来嬉しい」など、
好評でした。

    次の5件>>


最新情報協会のご案内入会のご案内講座のご案内
部・研究会活動のご案内|全区活動提言・意見・ニュースリリース
アンケート消費生活関連情報ご意見・ご要望トップページ